資生堂「花椿」が新創刊

資生堂が文化活動の一環として発行している「花椿」というフリーペーパーご存知ですか。

どこに置いているんだろう、私はだいたい銀座に寄った時にSHISEIDO THE GINZAでもらうんですが、百貨店の店舗とかでは、見たことないなぁ。

–追記 下記で入手できる模様

~こちらの「花椿」新装刊は、資生堂直営の施設で無料にて入手できます~ 

◆SHISEIDO THE GINZA(東京都中央区銀座)http://stg.shiseido.co.jp/ 

◆資生堂パーラー(東京都中央区銀座)http://parlour.shiseido.co.jp/ginza/index.html

◆資生堂ギャラリー(東京と中央区銀座)http://www.shiseidogroup.jp/gallery/ 

◆資生堂企業資料館(静岡県掛川市)http://www.shiseidogroup.jp/corporate-museum/

ゆくゆくは店舗でも取り扱うようです。

すごくオシャレなんですよ、コンテンツが、メイク、アート、ファッション…総合文化誌。雰囲気は少し装苑に似ているかな。

資生堂の中長期戦略似合わせて2015年12月から休刊していた模様。若年層をターゲットに11月1日から新創刊ですって。

この度、新装刊した「花椿0号」では、「タッチ」をテーマに、普段あまり意識していない「触覚」に着目しました。ふれあいをテーマにした、写真家・アーティストのペトラ・コリンズ氏によるフォト・ストーリーや、「触覚」が想像以上にヒトの認知や行動に影響を及ぼしていることを明らかにするサイエンスコラム、そして、各界で活躍する方々が触れて心地よいものを紹介するインタビュー記事の3本です。

若年層向けかぁ、どんな内容に仕上がっているか楽しみ。俗っぽくなっていたら残念だ。

この間取り下げになった、インテグレートのCM。

資生堂のCM「25歳からは女の子じゃない」に苦情が殺到して放送中止に。これは資生堂が可哀想 

昔の表現と変わったてなんか媚びたCMだなと思ったら、苦情が殺到して取り下げ。

インテグレートのCMを見て、このような感性を持った企業を利用していたのかと、恥ずかしく、裏切られたという思いで悲しくて涙が出てきます。すでに持っている商品くらいは使ってしまおうと思っていたのですが、資生堂という名前を見ただけで吐き気がするので捨ててしまいました。金輪際何があっても資生堂の名を関したものを利用することはありません。こんな日が来るとは夢にも思っていませんでした。今までありがとうございました。

(saさん 30歳 女性)

お客様の声

感覚的な好みで苦情する方もどうかと思うけど、それで取り下げた資生堂の対応もファンとしては残念。

山口小夜子さん達がスチールしてた頃のような、“資生堂の美意識”をまた作って欲しいな。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s